熱い!浅草の年中行事

国際的にも人気が高い観光地「浅草」ですが、その魅力は浅草寺や雷門といった「ハード面」だけでなく、年間を通して行われる様々な行事にも秘密があります。

近年ではそうしたイベントを目的とした海外からの観光客も多く、見るだけでなく参加を前提にした「体験型」の旅行も人気があります。国外からの評価受けて国内からも浅草を再評価するムーブメントがあり、いまや国内外問わず旅行者が訪れる活気の溢れる街となっています。浅草がイベント面でヒートアップするのは、初夏をスタートとした5月から8月にかけてです。

5月に行われる三社祭りは特に有名で、国外からも多くの「祭りファン」が押し寄せる行事となっています。三社祭は伝統的な行事である一方で、近年では様々な担ぎ手を受け入れる傾向があり、女性や外国人の方の担ぎ手もいるようです。続いて行われるサンバカーニバルは本場ブラジルでもその名が届くほどで、華やかな衣装で着飾ったダンサーが目と鼻の先で激しい踊りを踊るとてもエキサイティングな行事です。

このサンバカーニバルはチーム対抗戦でもあることから踊り手の真剣さが観客にも伝わり、激しさだけでなく緊張感も感じるイベントになっています。そして夏の終わりに行われるのが隅田川の花火大会で、日本を代表する花火の一大イベントであることから、多くの見物客で溢れかえる行事です。これらの他にも年間を通して様々なインベントが行われており、どの既設に来ても色あせないのが浅草の魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *