魅力満載!浅草の年中行事

最近頻繁にテレビや雑誌でも取り上げられるほど、今「浅草」の街が盛り上がっています。

日本有数の観光地のひとつであることはもちろんのこと、海外からの注目も高く浅草を目的に日本を訪れる方も多いようです。国外からの評価の高さいに伴い、国内からの注目度もあがり、日本各地から旅行者が押し寄せる賑わいあふれる街となっています。そんな国内外から人気の高い場所ですが、年間を通して数々の行事があります。ここではそんな年中行事について説明します。

浅草が最も盛り上がるのは、初夏から真夏にかけての5月から8月の期間です。5月には浅草の三社祭が行われ、国外からも見物客が来るほど異様な活気を見せます。三社祭といえば雷門から浅草寺にかけて練り歩くクライマックスに目が行きますが、そこに行きつくまでの各地域で練り歩く姿も魅力的です。男性だけでなく女性がかつぐ神輿もあり、その迫力に圧倒されます。その後、8月になるとサンバカーニバルが行われます。本場さながらの衣装を身にまとい、目と鼻の先で繰り広げられる激しいダンスはとてもエキサイトします。

サンバカーニバルはチーム対抗戦となっており、チーム単位で勝敗が決まるので見ている観客にも緊張感が伝わってきます。さらに毎年開催される隅田川の花火大会も大変有名な行事で、特に厩橋から見るスカイツリーごしの花火は迫力満点で多くの人が訪れます。上記のほかにも年間を通して様々なイ行事が行われており、いつきても楽しい街となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *