浅草の興味深いイベント情報

浅草の夏は、約80万人~100万人の見物客も熱気に包まれる「浅草サンバカーニバルパレードコンテスト」や「隅田川花火大会」とは対称的に、静寂に包まれる「隅田川とうろう流し」や江戸時代の風情そのままに行われる「四万六千日ほおずき市」などのイベントが執り行われます。

他にも、「浅草国際通りビートフェスティバル2019」や「まるごとホイちゃん展in夏祭り」に加え、民間信仰に基づく「ヘチマ供養」なども行われている観光エリアです。ヘチマ供養は、84、000体にも及ぶお地蔵様が建立されている浄名院で行われ、ヘチマの寒風摩擦が呼吸に良いことから呼吸器の疾患を持つ人々に支持されている年中行事です。浅草国際通りビートフェスティバル2019は、ストーリーとストーリーに合わせたド派手な衣装が見ものサンバカーニバルパレードとは大きく異なり、エイサーの掛け声とともに華麗な衣装に身を包んだ踊り子が踊りを披露するイベントです。

エイサーは、沖縄県と鹿児島県奄美群島でお盆に踊られる伝統芸能であり、祖先崇拝や招福祈願などの願いを込めて踊ります。曲には、THEBOOMの島唄やBEGINの島人ぬ宝などが用いられていますが、難破したイギリス人と島の娘が遊び明かす話をモチーフにした海ヤカラーや唐船ドーイなどの伝統曲も使われるイベントです。

まるごとホイちゃん展in夏祭りは、猫の合同写真展&物販展「ねこ休み展」のスピンオフ企画であり、ちくわ柄の甘えん坊猫「ホイちゃん」をモチーフに夏祭り会場のようにデコレーションされています。会場では、ホイちゃんトリックアートのペインティングや人気企画ミニチュア写真の世界展とコラボレートしたワークショップなども開催されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *